【調査レポート】高度不妊治療にかかる費用はどれくらい?

現代夫婦の5.5組に1組が不妊治療の経験があるといわれる時代。身近な医療となってきているとはいえ、高度不妊治療に進む場合は少なからず金銭面の不安が……実際のところ、どうなの?
今回は、気になる「高度不妊治療にかかった費用」の調査結果をご紹介します。

高度不妊治療にかかった金額は平均約193万円

国立社会保障・人口問題研究所の調査(2017年※)によれば、不妊を心配したことのある夫婦は3組に1組、実際に治療を受けたことがある(治療中を含む)夫婦は全体の18.2%。つまり5.5組に1組は不妊治療を受けたことがあるという結果が出ています。

※国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査」(結婚と出産に関する全国調査/有効回答数:6,598票)

不妊治療は身近な医療となってきたものの、体外受精や顕微授精などの高度不妊治療(生殖補助医療/ART)の場合、金額面での負担が気になるところ。なかなか周囲に聞きにくいナイーブなテーマですが、興味深い調査結果が見つかりました。

妊活中の女性を応援するSNSメディア「妊活ボイス」が行ったインターネット調査結果によれば、高度不妊治療(体外受精・顕微授精)の経験者に聞いた治療費は、平均193万円。100万〜200万円未満と回答した方が41.9%、300万円以上かかった方も約6人に1人(16.1%)となりました。(資料1)

夫婦間の問題だから?親からの援助には頼らない派が多数

ちなみに同アンケート調査にて、治療費用の捻出方法についてヒアリングしたところ、「夫婦の収入・貯金(56.0%)」が最多、次いで「夫のみの収入・貯金(23.7%)」「自分のみの収入・貯金(20.0%)」という回答に対し、「親などからの援助」は5.3%に留まったそう。高額な治療費ではありますが、自分たちの収入・貯金のみで負担している世帯が多いようです。

料金が安ければもっと早く……2人に1人が「金銭面がネック」

また、「高度不妊治療に進むにあたり金銭面はネックとなったか?」との質問には、高度不妊治療経験者のおよそ3人に2人(62.0%)が「ネックになった」と回答。さらにその方々に「料金が安かった場合、高度不妊治療に変化があったか?」と質問すると、半数以上が「もっと早く治療に進んだ」、次いで「治療の回数が増えた」と回答した方も35.6%にのぼりました。(資料2)。

助成金制度のさらなる拡充に期待!

回答者のリアルな声としては、

治療費が高すぎる。助成金がもっとあれば躊躇せずに(治療が)できるのに(30代前半・愛知)

少子化と言われている日本だからこそ、妊活にかかる費用の助成をもっと大々的にやってもらいたい(30代前半・鳥取)

など、国の助成金制度の拡充を求める声も多数寄せられたとか。

高度不妊治療へのステップアップや回数は、やはり費用面が大きなネック。助成制度のさらなる充が期待されますね。

【調査概要】
妊活ボイス https://www.ninkatsu-voice.jp/
調査対象:10年以内に妊活経験のある20~49歳までの女性
有効回答数:300名(妊活時の平均世帯年収約500万円)
調査期間:2017年10月11日(水)~10月30日(月)
調査方法:インターネット調査

現在の助成金制度はどんなもの?

国の支援制度として、特定不妊治療と称される体外受精および顕微授精に要する費用の一部を助成してくれる制度があります。

助成費用1回の治療につき15万円
(凍結胚移植=採卵を伴わないもの=等については7.5万円)
※初回の治療に限り30万円まで助成。
(凍結胚移植=採卵を伴わないもの=等は除く)
通算助成回数初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が
 40歳未満:6回
 40歳以上:3回

ただし、治療期間初日における妻の年齢が43歳未満であること、法律上の婚姻をしている夫婦であること、夫婦合算の所得が730万円以下であることなどの対象者条件があるほか、指定医療機関での受診が必須となります。

参考:厚生労働省「不妊に悩む方への特定支援事業

ほかにも、自治体ごとに「特定不妊治療費助成事業」といった独自の助成制度が設けられている場合がありますので、お住まいの自治体のホームページ等で確認してみてください。

まとめ|高度不妊治療の費用感、リアルな声を参考にしてください

不妊治療の経験がある夫婦は5.5組に1組といわれ、身近な医療となってきているものの、体外受精、顕微授精などの高度不妊治療(生殖補助医療/ART)の場合は費用面が気になるという方は多いようです。今回の調査レポートでは、平均193万円という結果が出ています。ナイーブなテーマということもあって、周囲に聞きにくい・話しにくいと感じている方の参考になれば幸いです。